ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

スポンサーリンク


洗濯の効率化にチャレンジ

専業主婦の間は、「効率化」よりも「いかに子どもの相手をしながら家事をするか」が必要でした。

仕事をしているときは家にいる時間が短くなった分、やはり家事に当てられる時間が減ってしまうので、私なりに効率化できるところを考え実行していました。

 

 

 

洗濯の効率化で工夫したこと。

 洗濯はいつも夜部屋干しして、朝外に出しています。

なので朝はそんなに慌てる必要はありません。

「仕事から帰ってきてからいかに早く取り入れて片付けるか」を心がけました。

 

Step 1:干す前に洗濯ピンチ(人ごとにわける)とハンガーにかける物を分ける。

f:id:nanayuki777:20190110104106j:plain

何だか混沌としておりますが…

ハンガーのものはトップスとボトムスに分けます(使うハンガーが違うので)。

 

Step2 人ごとに干していく(表に返しながら)

f:id:nanayuki777:20190110104109j:plain

洗濯物をすべて表に返しながら干していきます。

洗濯をたたむときに表に返す手間を減らします。

 

脱ぐときや洗濯機にいれるときに表に返す、という方法もあるかと思うのですが、裏を向けたほうが傷みにくいものもあるので、このとき表に返すことで統一しています。

 

帰ってきて慌てていると、表に返したと思ったら裏返していたり(;_;)、あ裏返しちゃったと思って表に返したら裏になったり(笑)思わぬ時間がかかってしまうことがあるんですよね。

 

ハンガーのものも人ごとに仕分けしておきます。

 

ちなみにトップスは腕にまとめてかけて…

f:id:nanayuki777:20190716220452j:plain

まとめてどんどんハンガーにかけていきます。

 

Step3 人ごとに取り入れる、たたむ、片付ける

人ごとに干しているので、人ごとに取り入れます。

人ごとにたたんで、上の白い洗濯カゴに入れて運び、人ごとに片付けます。

 

Step4 ハンガーのまましまう

これは子どもの服のみ実践しました。

子どもの服(トップス)はこんなふうにハンガーで片付けているので…

f:id:nanayuki777:20181013211128j:plain 

服を着るときにこのハンガーを洗濯を干すハンガー入れに入れ 、干し、乾いたらそのまま片付けます。

今までは違うハンガーにかけて外して、またかけていました^^;

 

仕事を始めてから実行したのは

「人ごとに干して取り入れる」

「干す時すべて表に返す」

「子どもの服をハンガーごとしまう」です。

 

これでずいぶん早くなります。

一番には気分的に(笑)

帰ってきたら結構焦ってるから^^;