ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

コスパ良 ケトル買い替え 君の名は…タイガー電気ケトルPCI-G100-Cレビュー

   スポンサーリンク

電気ケトルも壊れたので買い替えました。

 

 

希望

  • 転倒してもこぼれない設計(子どもがいるから)
  • 1Lくらい
  • 見た目がシンプル

 

選んだケトル、その名は… 

タイガー「わく子」さん。

 

 

f:id:nanayuki777:20170929141944j:plain

左がわく子(1L)

右が壊れたもの(1.5L)です。

 

以前はプロパンガスの区域に住んでいてガス代が高かったので、大量にお湯が沸かせるよう大用量タイプを選びました。

今は都市ガスの区域なのでガスのほうがコスパ良いかな?で、容量を下げました。

 

わく子の性格

外見

可愛い名前とは裏腹に、スタイリッシュなデザイン。

f:id:nanayuki777:20171010212630j:plain

左:わく子。

なんだか新郎新婦みたい。

 

蒸気量70%カット「少スチーム設計」

ほとんど蒸気が出ません。

節電沸騰

カップ1杯分の湯わかし電力を約11%カット

らしいです。

沸騰完了までカップ1杯が約60秒

らしいです。

たしかに沸騰は結構早いと思います。

ワンタッチ着脱ふた

そう、世にも珍しい

f:id:nanayuki777:20170929141954j:plain

フタが全部取れるタイプ

 

f:id:nanayuki777:20170929142018j:plain

ふたのこの部分を両側から押すと、蓋が外れます。

とっても給水しやすく、洗いやすいです

 

安心・安全設計を徹底的に追求 

転倒流水防止構造

万一倒れてもお湯もれを抑える構造 

ワンタッチで開閉する”給湯ロックボタン”

ロック状態。フタの丸いボタンが上に上がっています。

f:id:nanayuki777:20170929142004j:plain

この状態ではお湯が出ないので、転倒しても大丈夫というわけです。

実際は、注ぐように傾けるとチョロチョロ出ます。

転倒だけなら出ないです。

 

f:id:nanayuki777:20170929141958j:plain

注ぐときはここを押します。

 

お湯をわかすときはロックの状態でなければなりません。

が、ときどきボタンを押したままにしてしまい、いつまでも電源OFFにならない、という失敗を何度かしています…。

本体が熱くなりにくく 保温効果も高い ”本体二重構造”

「ステンレス製内容器と鋼板ケース本体の二重構造で本体が熱くなりにくい設計。沸かしたお湯も冷めにくく保温性にもすぐれる。」 

らしいです。

沸騰後、本体を触ってもあまり熱くありません

逆に、沸いたのかどうかわからないことも…

(↑スイッチ押したかどうか忘れてしまうからさ(笑))

カラだきを検知して自動オフ”カラだき防止”

たぶん、ボタンを開のまま沸かして、止まってくれたと思います。 

沸とうすれば”通電自動オフ”

これは他の電気ケトルも同じですかね。

 

使ってみた感想等

良い点
  • 沸騰が早い。
  • 安定感がある。転倒流水防止機能の前に転倒しにくそう。
  • 蓋がすべて外せるので、給水しやすく洗いやすい。
  • 注ぎ口がシャープで注ぎやすい。
  • 沸騰後、本体を触っても「あつ!」とならない。
  • これだけ機能つきでこのお値段はコスパ良!
少し残念な点
  • 容量に対して重い。魔法瓶だから仕方がないのかな。

 

実は壊れたものは3年を待たずに壊れてしまいました…。

その前のは10年もったのですが。

今回は丈夫そうなのでそれくらい使えるといいなと思います。