ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

スポンサーリンク


フライパンの素材・加工の種類と特徴&お手入れ。フライパン選びに悩みすぎたので私的にまとめてみた。

今使っているフライパンの加工が取れてきて。

買い替えを考えています。

f:id:nanayuki777:20180709215846j:plain f:id:nanayuki777:20180709215851j:plain

(写真にとって改めて見るとひどいな^^;)

 

 

が、種類がありすぎてわからない(;´д`)

そこで、ざっとよく見るものをまとめてみました。

 

参照:

人気のフライパンおすすめランキング | フライパン専門ページ | ピントル

めっちゃ詳しいです。

 

 

フライパンの素材

素材 利点 欠点
アルミ 熱伝導が良い。
軽い。
反対に、焦げやすい。くっつきやすい。
ステンレス サビや汚れに強い。
丈夫。
余熱の熱調理ができる。

熱伝導が悪く焼きムラができやすい。

くっつきやすい。

重い。

高温調理が可能で、炒めものなど美味しく仕上がる。
熱伝導が良い。

鉄分を摂取できる。

扱いに手間がかかる(くっつきやすい、使い始めに焼き込みや油慣らしが必要)
錆びやすい。
重い。
チタン 軽い。
丈夫。
安全。
耐食性が高い。
熱伝導がやや悪い。
高価。
強火調理に向かない。

 

フライパンの加工

加工 素材 耐熱温度 利点 欠点
フッ素(テフロン)加工 フッ素樹脂 250℃前後

焦げ付きにくい。

汚れが落としやすい。
取扱がラク。

PFOAとPTFEの安全性への懸念※
摩耗と熱に弱い。空焚きは厳禁。中火以下で使用しなければならない。
 ダイヤモンドコート加工

フッ素樹脂+人工ダイヤモンド

250℃前後 フッ素樹脂だけよりも、摩耗に強く、加工が剥がれにくい 同上
 マーブルコート加工 フッ素樹脂+大理石 250℃前後 フッ素樹脂だけよりも、摩耗に強く、加工が剥がれにくい 同上
セラミック加工 セラミック 400℃以上 硬い。耐熱性がある
焦げ付きにくい。
安全
油を引かないとくっつく。
火加減に注意が必要。
空焚き注意。

 

PFOA(パーフルオロオクタン酸)…フッ素樹脂(金属と密着しにくい)を金属に密着させるために使用する物質。発がん性、未熟児・胎児期の奇形を引き起こす懸念があると言われている。

PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)フッ素樹脂の1種。よく使われる。高温にすると有害ガスを発生する。

 

各種フライパンのお手入れ

アルミフライパンのお手入れ

使用前

黒ずみや変色の防止:米の研ぎ汁とクズ野菜を煮立てる。

(黒ずんでしまった場合は水とレモンを10分ほどに立たせる)

洗浄

中性洗剤を使って普通に洗う。

酸やアルカリに弱いので、避ける。

焦げのとり方

水を軽く沸騰させ、冷ましてからたわしなどでこする。

ステンレスフライパンのお手入れ

熱いうちに洗剤を使わずにスポンジ等でこする。

多少焦げても水につけておくだけで焦げが剥がれる。

鉄フライパンのお手入れ

使用前

焼き込み(油慣らし)が必要(加工によっては不要なものもある)。

洗剤で洗い、水分をしかり取る→

中火以下で熱し温まったら強火にし、まんべんなく熱する。15分前後が目安。→

十分に冷まし、洗剤で洗い、水分をしかり取る→

油をしいて加熱。塗料が浮き出たら、お湯で流しながらこすり洗う(換気必要)→

くず野菜を炒める。

洗浄

温かいうちに汚れを拭き取り、洗剤を使わずに水やお湯でスポンジやたわしで洗う。

焦げのとり方

焦げが隠れるくらいの水を入れ、煮立たせ、焦げがふやけてきたら日からおろし、スチールたわしでこする。

→水洗いして火にかけて乾燥する。

チタンフライパンのお手入れ 

スポンジ等でよく洗い、水気を切る。

金属タワシでゴシゴシして良い。

フッ素加工フライパンのお手入れ

熱々のまま水につけない(急冷しない)。

たわし、クレンザーは使わずやわらかいスポンジと洗剤で洗い、ふきん等で水気を拭き取る。

セラミック加工フライパンのお手入れ

フッ素加工フライパンと同じ。

 

私にはどれがいい?

ダイヤモンド加工、マーブル加工はフッ素加工の1種なのですね。

知りませんでした。

 

ざっとまとめた感じ、今の候補は鉄かフッ素加工の強度が強いものです。

安全性を気にかけた時、フッ素加工のないもので使いやすそうなのは鉄かなと。

セラミックも良さそうですが、調理の仕方にコツがいるようなので、料理下手としては取り入れにくいです。

しかし鉄はお手入れが面倒そうですね。ズボラーにはやはりフッ素加工なのかな…。