ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

服をたくさん手放してしてよかったこと、4つ。

   スポンサーリンク

ワードローブ類は300点近く手放しました。

捨てて後悔したものはありません。

管理が行き届くようになり、すごく楽になりました。

手放してよかったことを挙げてみます。

f:id:nanayuki777:20170820142421j:plain

  

 

1.服の管理が楽になる

  • メンテナンスにかかる時間が減る

  服が少なければそれぞれの服のお手入れ方法も記憶しやすい。

  • タンスの開閉がスムーズに。
  • 収納ケースからはみ出したままの服がなくなる。
  • 衣替えが瞬殺!

   衣替え瞬殺! 断捨離効果絶大! - ミニマム探し。

 

2.タンスの肥やし服の傾向がわかる

きれいなまま処分することになった服の傾向がわかります。

こんな服は死蔵させるbest4 似合うクローゼットの作り方? - ミニマム探し。

憧れの服、体型に合わない服、重ね着がたくさん必要な服、素材と季節の合わない服等…が見えてきます。

 

3.自分に似合うデザイン、色がわかる

どちらかと言うと、似合わないほうがわかるようになったか…。

鏡で合わせて少しでも「う〜ん。」てなったら 似合わない物。

 

4.好きな&長く着られるブランドやメーカーが分かる

手元に残った服は割と同じメーカーのものだったりします。

好みとか素材の強さとか。

 

私の場合…

ユニクロ

定番。

ニッセン

値段の割に丈夫なように思います。

そこそこトレンドが抑えれているし、そこそこベーシックなものもあるしサイズ展開が多いのがいいです。

ただネット限定のものはいまいちでした。

最近は購入していないので不明ですが‥

DEAR FLURA

好きだったんですが、ブランドがなくなってしまいました…。 

Feroux 

若い子向けのブランドなので、バッグとかのみ。そろそろ卒業か。

 

服を減らしてよかった

服の管理が楽になり、出し入れのストレスが無くなりました。

これまでのところ、

衣替えの時間と手間が激減したことが何よりの成果です。

 

また、服が減ったからといっておしゃれになったわけではないですが(笑)、自分の着る服、着ない服の基準が明確になってきた気がします。

お買い物の失敗も減りそうです(^^)v