ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

「ミニマリストになれなくてもスッキリした家に暮らしたい」サンキュ!2017年6月号の付録が良かった

   スポンサーリンク

 

雑誌 サンキュ!2017年6月号付録のお片づけ特集がためになりました。

 

 

サンキュ!2017年6月号第1付録概要

わたしができる、わたしらしい「スッキリ」した家をつくろう

  • 「わたしらしさ」を手に入れた家1〜2
  • わたしらしい「スッキリ」を手に入れると、いいことがあります
  • 思い当たるなら、手放しどき 今どきの物の「持ち方」基準
  • 紙ものの見極めには明確なルールがあるんです
  • 服をすっきりさせると実はおしゃれになれるんです
  • スッキリが手に入る「100回捨て」とは?
  • スッキリレベル別「わたしらしさ」を手に入れた家3〜8

 

8例のスッキリしたお部屋の実例と、片付けのノウハウが書かれています。

 

 

良かったと思うところ。

物の捨て方の基準がかなりはっきり示されているところ

 

 

例えば

請求書、明細書

基本的に引き落としが済んだら処分してOK。

保管する場合は〜長くても1年で十分。〜

ヤセたら着よう服 

絶対に着ません、ヤセません

 

か、辛い…。

 

お片づけの本でもはっきり「要らない!」と書かれているのは

あまりないように思います。

 

捨てる基準は人それぞれかもしれないけれど、

捨てようと思うけど、捨てても今後大丈夫なのかしら?

と思うものがあったり、

誰かに後押ししてほしかったり(笑)

 私みたいに捨てられない人間にはぴったりでした。

 

1〜8の例は、モノの量は各家庭それぞれ。

それでもそれぞれスッキリ。

(もちろんモノが少ないほうがスッキリ度が上がっていきますが)

残念ながらどの家庭もお洒落すぎて私には無理〜と思ってしまったけれど、

不要なものを取り除いて、お気に入りのものに囲まれつつ

スッキリしたお家というのは良いものだなぁと改めて思いました。