ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

怒りの断捨離 ガラピコに学ぶ他者の気持ちを推しはかる心

   スポンサーリンク

 

4月24日放送の「ガラピコぷ〜」を子ども見ていて考えることがありました。

 

ガラピコぷ~とは:

2016年よりNHKのEテレ「おかあさんといっしょ」で放映される人形劇

こんな感じの↓

げんきの絵本 ガラピコぷ~ ぱたぱた しかけえほん

げんきの絵本 ガラピコぷ~ ぱたぱた しかけえほん

 

真中のロボットがガラピコです。

ガラピコは記憶喪失?いろんなことを知らないという設定です(たぶん)。

 

 

概要

流し見していたのでちょっと曖昧です^^;

 

ある日ガラピコは珍しい草を発見して採取します。

ところがその草をツバメに持って行かれてしまいました。

ガラピコは怒り、拳を振り上げます。

しかし、こう言います。

やめましょう。怒っても仕方ありません。

 それよりなぜ鳥は草を持っていくのか考えましょう。」

 

と振り上げた拳をおろしました。

 

ガラピコは草を取り返そうとしますが、

もう少し観察を続けます(20日間!) 

 

その鳥はツバメで、草は雛を産む巣に使われていたのでした。

最後は巣から落ちそうになった子ツバメを助けてあげて、

めでたしめでたし。

 

思うこと

人にされたり、言われたりムッと怒りを覚えることありますよね。

 

そんな時は、

「どうしてそんなことをするのか!」

と責めるばかりじゃなく、

 

「どうしてそんなことをするのか?」

理由を考えることで少し冷静になれそうだなと思いました

 

相手にしたら

良かれと思いやったことかもしれない、

別段深く考えずにやったことかもしれない、

それがその人の常識だったり。

 

そんな状態で いきなり怒りをぶつけたら、

相手だって理不尽に感じて怒ります。

いい方向に行くはずもないでしょう。

 

子どもの不思議な行動はともかく…

f:id:nanayuki777:20170502145712j:plain

遊び食べしなくなっていたのに、

最近こうやって机に野菜を並べるたり潰したり…

今日はどうも人参が大きかったみたい。

大人の常識で、こんなことで怒られたら子供も嫌だろうな。

話せたら、「だって大きんだもん!」と言われそう…。

その行動何かしら理由があるのかも。とまず考えてみようと思います。

 

 

 一度冷静になって

そのうえで、それはやっぱりやめてほしいと思うことなら

怒るのではなく、伝えよう。

理由を考えることで、話し合いもうまくできそう。 

 

夫婦とか親しい間柄だとよけいに怒りが先にきやすいので、

まずは相手の気持ちを推し量れるよう

気をつけたいなと思いました。

 

まとめ

ムッと怒りを覚えたら、

まず

「どうして〜だろう」と理由に思いをはせてみよう。

そうすれば少し冷静になれる。

それから嫌なことは嫌と言おう。

(冷静でいられないときもあると思うけど(笑)) 

 

 内容的にはもっと違うテーマだったかもしれませんが、

私にはこの「怒らず、理由を考えてみよう」

というのがとても心に残りました。