ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

本の感想 “ミニマリストという生き方”

   スポンサーリンク

 

「捨てる!」技術 の著者 辰巳渚さん著

「ミニマリストという生き方」を読みました。

 

 

 

 

全く前情報なしにてにとった本です。

パラパラっとめくると、

ミニマリストの方々の部屋が紹介されているようだ…・

 

人気ブロガーのお部屋や、芸人の小島よしおさんのお部屋など。

小島よしおさん好きなので、嬉しい(笑)

 

 

概要

 「捨てる!」技術の著者、辰巳渚さん著。 

 ミニマリスト(ミニマリストの自覚はないが、ミニマリスト的生活を送る人も含む)5名の取材を通して、「ミニマリストとは何か」に迫る。単なる片付けの話にはとどまらない「生き方」としての側面をあわせ持つ現象を紐解く。

 

・ミニマリストの部屋(写真で紹介)

・インタビュー(ミニマリストの生き方、暮らし方)

 

 

前半のミニマリストのお部屋やインタビューははさらっと読めます。

それぞれの方のミニマリストになったきっかけや、

在り方を知ることができとても興味深かったです。



後半は難解。

 

戦いは自分自身の中にある。

今の日本は生き延びるには楽な時代だ。

そういった中でミニマリズムが生まれてきた?

だが、この生き方は江戸時代にすでに見られていたものだ?

 

??

 

私の理解力では果たして何が書かれているのか、

読み取ることはできませんでした…。

 

久しぶりに現代文の問題をといているような感覚になりました。

理解力のある方、是非読んでみて噛み砕いて私に教えてください(^_^;)