ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

本の感想 "無印良品とはじめるミニマリスト生活"

   スポンサーリンク

 

逃避行その2

 

人気ブログ「少ない物ですっきり暮らす」

のやまさん(ん、やまさんさん?)

こと やまぐちせいこさん著

「無印良品とはじめるミニマリスト生活」

を読みました。

 

 

 

 

…。

 

…。

 

いや、感想をね、

書こうと思うんですが、

言葉が出てこないのです。

 

美しいです。

 

ブログでも拝見しているんですが、

こういった本になると美しさが際立ちます。

 

インテリア系ミニマリストとでも言いましょうか。

 物の数だけでなく、見た目がとてもミニマム化されており

(色の数を減らすことがポイントのようです)

 ショールームのようなお部屋を作りだされています。

 

前半

・無印良品とミニマリストの相性が良い理由

・無印家具&収納用品満載の、

 各部屋の仕組みや収納ルールついて

後半

・ワードローブの公開と着回し

・ミニマリストのモノ選び

 

について書かれています。

 

たくさん参考になることがあったのですが、

特に印象に残ったのはこの部分

ミニマリスト生活を送り、モノを減らしてから、収納に対しての考え方が変化しています。

・「きれいにしまう」のではなく「モノを置かない」。

・「収納テクニック」よりも「余白」。

・「土日に一気に片づける」のではなく「日々、継続的に持たない」。

 

余白4割には驚きです。

 

今私が一番なんとかしたいキッチン。

お鍋など調理器具をどうされているかが載っていなかったので

こちらも読んでみたいです。

 

 

 

 

 

本当に部屋にあるものあるもの無印良品で

面白いくらいでした。

 

「不要なものを捨てて、捨てて、残ったものが無印良品だった」

 

運命の相手はすぐそばにいた。

 

私も不要なものを減らしていったら、

そのような境地にたどり着けるでしょうか?