読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマム探し。

ミニマリストに感銘を受けたごく普通の主婦が、 myミニマムを探求する記録。

つまらないこだわりを手放して

   スポンサーリンク

今まで当然と思っていた習慣が

他人にとってはそうでない。

 

共同生活をすると

そのことに気づかされる場面が多々あります。

 

 

例えば我が家。

夫 :オールカーペット、マット無し

私 :フローリング、マットあり

 

が当然。

 

さあ、バトル?

 

いえいえ、基本我が家は私が折れるのです。

 

オールカーペット、慣れました。

 

でもその分、玄関とキッチンのマットはしかせていただいてました 。

カーペットの割合に比べたら、

小さいものでしょ?

 

が、気に食わないと。

玄関マットは折れて撤去。

 

撤去して気づく。

昔、何かの本で「風水的に玄関マットはしくこと。」

と書かれていた事が頭にのこっていて

ただそれだけのことでこだわっていたことに気づく。

 

折れずに、キッチンマットだけはしき続けていたのですが、

引越しで新しくしたカーペットと相性が あわないあわない…。

しいた途端、くるくると端の方へ…。

なんだかじゃまな存在に。

 

それでもなんだか、私が折れてばっかりなのが

しゃくで続けていたのですが、

段々とストレスになってきました。

 

いい加減、我が家には不要なものだと

手放すことにしました。

 

つまらないこだわりも、意地も、

一緒にさようなら。

 

家族が快適に過ごせたほうが

いいものね。

 

当然と思っているものでも、

意外にそうでないものも多いですね。